flower border

時間旅行 〜ako's diary〜

✨LA在住ヒプノセラピストのブログ✨

First Flight Attendant

3日間だけ日本に行ってきました。今回はセラピーの仕事ではなく、ボランティアのためです。友人が担任を務める特別支援学級の中学生たちに”仕事”についてお話をさせて頂きました。このクラスで講師を務めるのは、去年に引き続き2回目。(前回の様子はこちら→クリスタルチルドレン)今年もまた地上の天使たちと素晴らしい時間を過ごすことができました。私の前職であるキャビンアテンダントという職業、実は航空会社が考案したもので...

There is something about Mary...

今日は特別元気の出る話♪昨日のフライトで一緒に働いたメリーは、御歳80歳の現役フライトアテンダントです。見た目は普通のおばあちゃん。でも働きぶりは若い人と変わりません。頭脳明晰で、動きもテキパキしています。彼女の何がスゴイって、フライトアテンダントに転職した時の年齢。なんと63歳です!36歳で転職した私に「そんな歳でスチュワーデスになれるの!?」とビックリした母でしたが、今思えば当時まだ58歳、彼女だって...

Here There and Everywhere

自分は何をしたいのかわからない。どんな職業が合っているのか... どんな男性(女性)が合っているのか...人生って、わからないことだらけですね。こっちもいいけど、あっちもいいかも...う〜ん、迷いますね。悩ましいですね。失敗するのが怖い?人から笑われたくない?もしかして、そういう理由で、簡単そうに見える道を行こうとしている?私はエアラインで客室乗務員という仕事をしていますが、はじめから希望していたわけでは...

Irrational Fear

アメリカ国内便では、ペットの小犬や介助犬をよく見かけます。訓練された介助犬は、とても健気で忍耐強く、いつも感心するばかりなのですが、持ち込みのペットに関しては、時々トラブルが起こります。他のお客様のご迷惑と衛生上の理由から、客室内でケージから出すことは禁止されているのですが、これを破る方が時々いらっしゃるのです。先日のフライトでのこと。飲み物のサービスの途中で、同僚が「小犬がそちらに逃げたから捕ま...

Have some cupcake♪

今夜はボイジー(Boise)という街に滞在しています。アイダホ州の州都ですが、日本人にはあまり馴染みはありませんね。今日はフライトの搭乗時に、お客様同士のちょっとしたイザコザが起こりました。スーツケースが足に当たったというのが発端で、大の大人が罵倒し合う醜態。どちらも"アンガーマネージメント(怒りの感情の制御)"が必要な人達ですね。「こっちの人から始まった」「あっちの人の方が悪い」"目撃者" もあれこれジャッジ...