flower border

時間旅行 〜ako's diary〜

✨LA在住ヒプノセラピストのブログ✨

Remembering You✨

Category生と死
ロサンゼルスは激しい雨。
今週はずっと続くそう。

最初の夫の母マーサが長い闘病から解放され、天国へと旅立ちました。
この10年間、彼女はパーキンソン病、アルツハイマー、脳梗塞と闘って来ました。
でももう大丈夫。
魂の存在に戻って、雲の上で自由に踊っていることでしょう。
末息子ジェフェリーと再会して、抱き合って踊っていることでしょう。

どんな時も、優しい人でした。
初めて会った時から、彼女は私を歓迎し、たくさんの愛を与えてくれました。
マーサの心とキッチンは誰に対してもオープンで、
いつも手早く何かを作って、食べさせてくれました。
私から何もお返しができなかったこと… 哀しくて涙が止まりません。

人生って思うより、ずっと短いものです。
縁あって出会い、触れ合い、同じ時間を共有して、思い出が重なり合うも…
その後、疎遠になったり、絶縁したり、いつのまにか音信不通になっている人々も多くいます。
しかし心の中の思い出は、変わらずそこにあります。
マーサとの思い出は、本当に良いことばかり。

お通夜では最初の夫とも再会しました。今の奥様も一緒。
彼女とは以前に会った時に、紹介して頂いてます。
今の彼を見ても、知り合いのおじさん程度にしか思えず(笑) 特別な感情は湧きませんが、
思い出の中の彼は、目の前の人とは別人であり、やはり特別です。

2番目の夫に対してもそう。
私は2度の結婚と2度の離婚をしましたが、
過去の夫たちとの思い出は、良いことだけを心に留めています。
離婚したくらいですから、もちろん嫌なこともありました。
でもそれを胸に留めていたところで、良いことなどひとつもありません。
母がそうだったから、よくわかるのです。
彼女は父との嫌な出来事しか語らず、長年彼を憎んでいました。
ところが亡くなる前になって、突然父との素晴らしい思い出を語り始めたのです。
本当は嫌なできごと以上に、沢山の素敵なできごとがあったのです。
最後になって、そのことを思い出した母。
死ぬ時に持っていけるのは思い出だけ…
私は彼女から大切なことを教わりました。

そういうわけで、私は夫たちとのネガティブな思い出を葬ったのです。
心の中には、彼等との楽しかったこと、笑い合ったこと、そんな良い思い出しかありません。
そしてそれは今の彼等には何の関係もないこと。
私の人生のストーリーにすぎません。

Listening to the sound of rain...
Remembering all those people I love...
Hoping they are having a beautiful party in heaven...
Now I can hear the nostalgic music and their laughter...✨💕🙏

20190115074127357.jpeg


雨音を聴きながら…
旅立って行った愛する人たちを思い出します…
天国でみんなが再会して、すてきなパーティーを開いてると良いな…
古き良きダンス音楽が聴こえてきました…みんなの笑い声と共に…


2019011507355003e.jpeg

0 Comments

Post a comment