Summer Solstice with Strawberry Moon

今朝は目覚ましが鳴る30分前に目が覚めました。
早起きなのに「あれ?寝てる間に何かが起きた?」そう感じるほどのスッキリ感。

カレンダーを見て今日が夏至だということに気がつきました。
そして今朝4:30amに(LA時間)月が満ちたことも知りました。
な〜るほど、このスッキリ感は、満月が重たいものを削げ落としてくれたからなのね。
そういえば昨日はキッチンキャビネットの掃除をして不要品の一斉処分もしました。
なんというタイミング!神ナビに感謝です。

ヨーロッパでは夏至は男女の愛の日とされ、各地にそれを祝う風習が残っているそうです。
イギリスのストーンヘッジでは、男性神(太陽)と女性神(地球)の出逢いを祝う夏至祭が行われ、東欧では夏至はイワン・クパラの日(クパラとはキューピッドと同じ語源を持つ言葉)という祝日です。
この夜は人々が恋に落ちるという言い伝えがあり、かつては若い未婚女性が川に浮かべた花輪を対岸の未婚男性がつかまえる行事が行われていたのだそう。

月もまた女性性エネルギーの象徴です。
月が満ちる日に、男性性エネルギーの象徴である太陽もまた、今日は最も長く北半球を照らすのですね。

新たなフェーズに入った感じがします。
2012年の冬至から始まった統合の時代への移行期間が、夏至の今日で終わるという説もあります。
新たな時代で大事なことは、全てを自分でやろうとする在り方から、自分を解き放つこと。
それは天の愛を受け取る在り方であり、天に導かれて生きるということ。

そしてLAでは今夜、満月のストロベリームーンが見られます。
夏至のストロベリームーンは49年ぶりなのだそう。

今日は久しぶりにパティオで夕食を食べましょう。
パートナーと赤い満月を眺めながら…❤️✨

2016062109380413d.jpeg

Comment (0)

非公開コメント