What's Love?

愛すること… って何でしょう?

私たちは無意識に、好きな相手には過度な期待を膨らませます。
夫(妻)や恋人には「男(女)ならこうあるべき」という理想を重ね、
言動を心の中で採点したり、あの手この手を駆使して矯正しようと試みます。

子供には「素直な子であってほしい」「優しい友達想いの子であってほしい」
「良い成績をとってほしい」(勉強でも、習い事でも、スポーツでも)などなど、
自分のことは棚にあげて、たくさんの希望を託します。

愛の押し付け? それとも愛の強要?
「本人のため」なんて言ったって、本当は自分のため。 …ですよね?(笑)

私たちには、実に多くの顔があります。
妻(夫)の顔、母親(父親)の顔、職場でのプロの顔、上司の顔、部下の顔、
ある時は顧客としての顔、または誰かのファンとしての顔…などなど。
同じ人間なのに、その場その場で、そこに見合う態度を作り、自分基準の「こうあるべき」を演じ分けているのです。

対象となる相手がいる限り、あなたは常に何かの役を演じています。

だから私たちにはひとりの時間が必要なのです。
素の自分に戻れる時間が…

真の自分で在るとき、私たちは幸せです。
そこには言葉も評価も判断も要りません。

愛すること、
それは、本来のその人に戻してあげること。
その人を、ありのまま受け入れ、その存在を祝福すること。
そんな風に思います。

さて…
あなたは、あなたを愛していますか?

20160303064227ce1.jpeg

Comment (2)

kiki #IFa9o6ys

No title

「愛すること、
それは、本来のその人に戻してあげること。」

ほんとうに子育てにもそのことが一番大切なことだなと痛感しています‥。
本来のその子に戻してあげないと‥ですね。
親から勝手に理想を抱かれ、期待をかけられすぎてパンクしそうな子供たち。

本来のその子を感じ取り、寄り添ってあげることが私の役目ですね。
(でもでも、今朝もお弁当忘れるし、制服破ってしまうし、たくさん叱って指図していました〜。)
あこさん、いつも素敵なことばをありがとうございます!

2016/07/07 (Thu) 16:48 | URL | 編集 | 返信 | 

 #-

To kikiさん

Kikiさん、こんにちは♪

子育てこそ自分のエゴが浮き彫りになりますね。
これは本当に彼等のためなのか、それとも自分の理想なのか、はたまた良い母親だと誰かに認めてもらいたいのか…

言うことを聞いたら、ご褒美をあげる。(ものでも言葉でも)
というのは条件付きの愛です。
子供は潜在意識に「良い子でなければ愛されない」
という埋め込みをしてしまいます。
自己肯定感を育めなければ、自分を愛することができません。
自分を愛せなければ、幸せにはなれません。

親の願いは、子供の幸せ。
これさえ忘れなければ、大丈夫です💕✨



2016/07/07 (Thu) 19:55 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント