かつて子供だったあなたに…

映画俳優のGene Wilderが月曜日に亡くなりました。
多くの名画に出演されてますが、どの作品でも彼の放つ存在感には独特なものがありました。
悲しみと優しさに満ちた目が、いつまでも心に残るのです。

中でも私が好きだったのは「星の王子様」
弟と一緒に観た思い出の映画です。
ジーンはこの物語のキーパーソンであるキツネを演じました。

小さな星から地球にやって来た王子様は、ある日キツネと出会います。
警戒してリンゴの木の下に隠れたままのキツネに、王子様はこう言います。
「ぼくと遊ばないかい? ぼく本当に悲しいんだ」
「おれ、あんたと遊べないよ。飼い慣らされちゃいけないんだ」
「そうか、それは失礼… でも飼い慣らすって、それ何のことだい?」
「よく忘れられてることだけどね、仲良くなるってことさ」
「仲良くなる?」
「うん、そうだよ。
おれの目から見ると、今のあんたは他の十万もの男の子と変わらない。
だからおれは、今あんたがいなくなったって平気なんだ。
だけど、あんたがおれを飼い慣らすと、おれたちはもうお互いに離れられなくなるのさ。
あんたはおれにとって、この世でたったひとりの人になるし、おれはあんたにとって、かけがえのないものになるんだよ」
王子様にはキツネの言う意味がわかりました。
彼の星に残してきた薔薇は、王子様にとってかけがえのない、この世でたったひとつの薔薇だったから。

キツネと王子様は、それから少しづつ距離を狭めて行きます。
王子様は毎日同じ時刻にキツネに会いに来るようになるのです。
こうして…ふたりは仲良しになりました。

しかし別れの日はやって来ます。
最後に彼は王子様にプレゼントを贈ります。
「大事なことは目には見えないんだよ。心で見なくちゃいけないんだよ」

麦畑で王子様を見送るキツネの顔が今でも忘れられません。
もうすぐ弟の2回目の命日です。
私が彼を想う時、彼が側にいることがわかります。

Rest in peace🙏✨

かつて子供だったあなたへ…
この2分33秒の名シーンを贈ります。



201609041353296bc.jpeg

Comment (2)

ゆっくんママ #6tLz6e32

あれから2年ですね。。
あこさんにとって、沢山気持ちが動いた2年でしたね。
そんな時でも、あこさんが投稿してくれる記事を読ませていただいては、はっと我にかえらせて頂いております。
私にとってはあこさんへの感謝の2年でした。
弟さんとゆっくりとしたお時間お過ごしくださいね。

2016/09/06 (Tue) 04:12 | URL | 編集 | 返信 | 

 #-

To ゆっくんママさん


今日は弟の命日です。
いろんなことを思い出しながら語りかけました。
両親にも彼をよろしくと…

心にかけてくださって、ありがとうございます。
嬉しかったです。
こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。




2016/09/07 (Wed) 19:10 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント