Just Give Up

答えは自分の中にあります。

外に答えを求めても、見つかりません。

たとえ天からのサインが、そこら中に散りばめられていたとしても
探している時には、見えないから不思議です。
そんな時は、潔くギブアップしてください。
「もう、お手上げ〜!」って。

今日は現代催眠の父、ミルトン・エリクソンの逸話をあなたに贈ります。

彼が少年のころのお話。
ある時、家の敷地内に一頭の馬が迷い込んで来ました。
エリクソンはその馬が、どこから来たか知りませんでしたが、
持ち主に返してあげようと思いました。
彼は馬にまたがると、行き先もわからぬまま出発しました。

はたして…
不思議なことに…
彼は無事に数マイル先の飼い主の家に、馬を送り届けることができたのです。

持ち主は帰ってきた馬を見て驚き、
「どうしてうちの馬だとわかったのですか?」
とエリクソンに聞くと、
「もちろん、私はお宅を知りませんでした。
でも、この馬は知っていました。
私はただ馬にまたがって来ただけです。
馬が道草を食べようと道から外れようとする度に、馬を道に戻しただけです。
そうしたら、ここに着きました」
と答えたそうです。

馬はあなたの潜在意識です。
ただ馬にまたがって下さい。
馬は行くべき場所を知っています。

20170113142018767.jpg

Comment (0)

非公開コメント